言い訳がしたくなったら、ダイエットを止めているもの。

言い訳がしたくなったら、ダイエットを止めているもの。

 

こんにちは! れいかです。

 

梅雨が明けたかのような暑い日が続いています。

 

 

いかがお過ごしですか?

 

 

ちらほら熱中症の患者さんも見かけますので。しっかりと水分補給をしましょう。

 

 

 

何を飲むかは 以前のブログ《これからの季節何を飲みますか?》をご参照くださいね。

 

 

 

 

 

さて、先月は雨が多く、そして今月にはいってからは暑い日が続き、

 

 

ウオーキングに行くのが少し遠のいていらっしゃる方もいるのではないでしょうか?

 

 

 

今日も外来で数値が悪化した方に

 

 

 

「何がありましたか?」

 

 

 

と伺ったところ、

 

 

 

「雨が。。。。。。 運動ができませんでした。」

 

 

 

確かに。。。。。。

 

 

 

 

 

「脳は何かと言い訳する」のが大好きです。

 

 

 

言い訳をすることで正当化し、後悔しないですむことで脳が辛い思いをしなくて済むからです。

 

 

 

こんなことないですか? 

 

 

買い物をして、AとBの2つでどっちにしようか迷っていて、

 

Aを買ってきて、家に帰ってやっぱりBにすればよかったかなあと一瞬後悔するも

 

でも、Aの方が安いし、デザインもいいし、だからこっちでよかったんだなどと

 

後付けで選択の理由を作り上げる。

 

 

言い訳をして自分は正しいと信じることで幸せになる。

 

 

 

 

人は幸せになるようにできていた!?

 

 

 

 

話がそれましたが、

 

 

 

今日はダイエットを妨げるもの止めているものについてです。

 

特に運動やエキササイズについてです。

 

 

 

あなたはどんな状況のとき、運動やエキササイズができませんか?

 

 

 

 

ダイエットを妨げているものは何ですか?

 

 

 

 

 

それでは まず、患者さんたちの言い訳 ベスト5です。

 

 

じゃ〜ん

 

 

1。天候(暑い 寒い 雨 雪)

 

2。忙しい 時間がない

 

3。だるい 疲れている

 

4。どこかが痛い、足が浮腫んでいる。

 

5。付き合い、宴会が続いた。

 

 

 

 

いかがでしょう!  

 

 

 

この中でひとつでも当てはまるものがあれば、

これから私と一緒に対策を考えていきましょう。

 

 

 

 

1。天候(暑い 寒い 雨 雪)

 

 

確かに先月は雨が多く、ウオーキングが出来ない日もあったかと思います。

 

雨が多いと外でのウオーキングができないでよね。

 

最近の外来では しっかり雨の日対策を考えてから、お帰りいただいています。

 

そうすると次回いらしたときに 「雨が多くてウオーキングができませんでした。」 

 

という言い訳ができませんから。

 

 

 

それでは雨の日対策を考えてみましょう。

 

 

何ができるでしょうか?

 

 

 

考えてみてください。

 

 

 

 

考えました?

 

 

 

以下は患者さんたちの例です。

 

 

 

家でやる活動を考える。

 

 いつもより念入りに掃除をする。片付けをする。

 例えばお風呂掃除、気になっていたところを大掃除する。

 

 家でストレチ、スクワット、ラジオ体操、階段の上り下り、足踏み。

 家やマンションの階段の上り下りをする。

 

 ショッピングモールやアーケード、デパートの中を歩く。

  これらの建物の中では雨でも暑くても寒くても快適に歩けます。ぜひ、出かけてみてください。

  ある方のお話では軽く1万歩くらいあっという間に歩けてしまうそうです。

  くれぐれも食料品売り場などには立ち止まらないようにしてくださね。

  お腹が空いている時の食料品売り場は危険です。

 

 

 いかがでしたでしょうか?

 

 何も運動でなくても家の片付けやなんでも体を動かす活動であればよいのです。

 

 前もって対策を立てることで、雨の日でも体を動かすことができますよね。

 

 

 

2。忙しい 時間がない

 

 

運動を遠のかせる最もありふれた理由です。

 

仕事や家族、家事、行事、趣味の活動などスケジュールがいっぱい!!!

 

確かに自由な時間を手に入れるのはちょっと大変かも。

 

しか〜し

 

それと身体を動かす時間が捻出できないのとは別な問題です。

 

健康的な体重を維持することを考えるなら、運動を、食事や睡眠と同じくらい大事なものと考えてください。

 

歯をみがくのと同じように生活の一部にしてしまえば、やらないと気持ち悪いまでなればしめたものです。

 

(対策) 

 10分早起きして一駅歩く。

 昼休みにウオーキングシューズを会社に用意しておき、食後15分でも歩く。

 一緒にやる仲間をみつければさらに効果的。

  何回かにわける。 楽しめる活動を見つける。

 

 

3。だるい 疲れている

 

だるい、疲れている。

 

 

幻想です。(すみません 言い過ぎでした。)

 

 

疲れているからと言い訳をするといくらでも怠け者になってしまいます。

 

すぐにでもベッドに潜りも見たい時もあるりますが、めったにありません。

 

むしろ身体を動かすことで、頭もクリアになり体もすっきりします。

 

つい疲れているとスマホ、テレビをみてしまいますが、一度座ってしまう前に身体を動かしてみる。

 

元気のある時間帯にいろいろする。

 

 

 

4。どこかが痛い、足が浮腫んでいる。

 

 

どこかが痛いときには、まずは医師の診察を受け、原因検索や運動の許可をいただきましょう。

 

特に慢性的な痛みの場合には、レントゲンやMRIをとっても特に問題がない場合が多いです。

 

筋肉の緊張、こわばりなどの痛みの場合はむしろ体を動かした方が緊張がほぐれ痛みが改善する場合もあります。

 

座骨神経痛の患者さんがいましたが、ウオーキングを続けることで痛みが改善した方がいらっしゃいました。

 

 

浮腫みも同様、心臓や腎臓の問題もしくは足の血管やリンパの問題がなければ、

 

歩いた方が筋肉がポンプとなり、水分を引き上げ、浮腫みも改善します。

 

 

 

5。付き合い、宴会が続いた。

 

年末 年始、年度末、年度始めにはよく聞きます。

 

アルコールはほどほどに、しめのラーメンとかはやめてくださいね。

 

そして、 翌日にいつもより多く歩いたりすることで解消できます。。

 

 

 

 

 

さて、いかがでしたでしょう?

 

 

 

この記事を読んだあなたは

もう言い訳ができません!

 

 

 

雨の日、暑い日、外に出たくない日が続くときには

 

 

 

あなたはどんな対策をたてましたか?

 

もしよければ、コメント欄にでもシェアして下さい。

 

 

そして、早速、実行してみてくださいね。