コロナに負けない免疫力をあげる食習慣(2)

コロナに負けない免疫力をあげる食習慣(2)

 

 

こんにちは、れいかです。

 

 

 

前回は

 

 

「コロナに負けない免疫力をあげる栄養素と食習慣(1)」をお伝えしました。

 

コロナに負けない免疫力をあげる栄養素と食習慣(1)

 

 

 

今回はパート2です。

 

 

 

 

コロナウイルスの患者さんが入院してから数日で、

 

 

 

肺炎で急性の呼吸不全を起こしたりすることがよく報道されていますよね。

 

 

 

その原因の一つとしてサイトカインストームという言葉もメデイアで

 

最近よく聞かれるようになりました。

 

 

 

 

ウイルスが侵入したときにそれを撃退して体を守る働きをする炎症を促進するサイトカイン。

 

 

通常ならば炎症はコントロールされ、ウイルスが侵入した範囲に留められているのが

 

 

何かがきっかけとなり、そのバランスが崩れ免疫系が暴走して、

 

 

健康な組織やあらゆるものを攻撃して、傷つけてしまう。

 

 

それが重症化に繋がるのではないかというのです。

 

 

今回のコロナに負けない食習慣パート2での

 

 

 

 

キイワードは炎症

 

 

 

 

炎症を引き起こす食べ物を控え

 

 

 

抗炎症の食べ物を豊富にとること

 

 

 

 

炎症を起こさない食べ方をすることです。

 

 

 

 

 

 

では、炎症を起こす食べ物って何でしょうか?

 

 

炎症を抑える食べ物って何?

 

 

 

炎症を抑える食べ方って?

 

 

 

 

 

これから詳しくお伝えしますね。

 

 

 

 

 

 

 

1. 血糖値を急に上昇させる食べ物を控える

 

 

急激に血糖値を上昇させるような砂糖が入った飲料やお菓子などは控えましょう。

 

 

食後高血糖が「炎症」や「酸化ストレス」を引き起こし、

 

 

また、余った糖分は体の中のタンパク質と結びついて「糖化」がおこり

 

 

AGE(糖化最終生成物)が溜まって、これがまた炎症の原因にもなります。

(ちなみにこのAGEはお肌の老化にもつながります。)

 

 

 

 

2. 炎症を抑える油をとる

 

 

 

普段の食生活ではどちらかと言えば炎症を引き起こす油(オメガ6)を多く摂取しがちです。

 

 

炎症を抑制するオメガ3系の油、アマニ油、エゴマ油、魚(EPA DH A)を積極的にとることです。

 

 

オメガ6も必須脂肪酸で大事なのですが、普段とりすぎているので、

 

 

意識してとるのはオメガ3と思ってください。

 

 

 

何でもバランスが大事です。

 

 

 

 

 

3. 抗酸化作用のある食べ物をとる

 

 

 

炎症時にはフリーラジカル(活性酸素)が産生されているので

 

 

普段からフリーラジカルを除去するような抗酸化作用のある食べ物をとっておく。

 

 

*緑黄色野菜  

 

*ベリー系などの果物  (果物はとりすぎると直接的ではないけれと糖質過多になるので注意)

 

*スパイス  クルクミン ターメリック

 

*ハーブ

 

*緑茶(カテキン)

 

 

 

 

4. 加工食品や不自然な腸に炎症を

引き起こすような食べ物はきるだけ避ける。

 

 

加工食品や人工の添加物が多く含まれている不自然な食品もできる限り避けたいです。

 

 

 

あとはこれを食べるとなんとなくお腹こわしたとか、調子が悪くなったとかありませんか?

 

 

 

そんな食材がもしあれば、毎日繰り返し食べないことです。

 

(これについてはこちらの記事もご参照ください。)

これで痩せる!太る原因「隠れフードアレルギー」対処法。

 

 

 

 

5. 食事の間隔をあける

 

 

食事をとること自体が炎症を引き起こしているので、

 

 

漫然と食べ続けていると炎症がおさまりません。

 

 

なので、食事と食事の間隔をあけてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

6. リラックスしてゆっくり、よ〜く味わって食べる。

 

 

忙しいのはよくわかりますが、急いで食べたり、ストレスがかかった状態で

 

 

食べると免疫も落ちるし消化不良になってしまいます。

 

 

消化不良そのものも腸に炎症を起こす原因にもなります。

 

 

 

リラックスしてゆっくり味わって食べると

 

 

消化管もよく働き、消化酵素もよく出て、消化吸収がよくなります。

 

 

せっかく体に良いものをとっても吸収されなければ意味がないですからね。

 

 

 

「でも、そんな食生活 毎日できない! 」

 

   と思っていらっしゃるかもしれませんね。

 

 

 

食事を準備するのもストレスになっては本末転倒!

 

 

 

テイクアウトやデリバリーも利用しながら、加工食品もたまには使って

 

 

1日3食のうち  2勝1敗くらいの感じでゆる〜くやってみてくださいね。

 

 

 

 

 

そして、もし、今どこかに炎症疾患があるのであれば、

きちんと治療しておくことも大事です。

 

 

微細な炎症でもです。

 

 

 

 

私が多く拝見している糖尿病の患者さんたちは微細な炎症がある方が多いです。

 

 

普通の炎症マーカーは陰性でも 

 

 

高感度の炎症マーカーが陽性であることが多いです。

 

 

 

基礎疾患がある方が重篤になりやすいというのは

(これは飽くまでも推測ですが)

 

 

慢性の炎症があるからかもしれませんね。

 

 

 

慢性の炎症があるといざウイルスが入ってきた時に闘う兵隊が慢性の炎症の方に取られて、

 

 

気道や肺の炎症の方に兵隊を送ることができなくなってしまうのでしょうかね。

 

 

 

 

 

 

現在 様々な抗ウイルス薬や吸入薬が治療に試みられていますが

 

 

 

フランスで抗マラリア薬と抗生剤、亜鉛の投与が有効との研究報告がありました。

 

 

 

抗マラリヤ薬(クロロキン)がホスホリパーゼやインターロイキンなどの炎症因子の

 

 

誘導を阻害したというのです。

 

 

 

やはり炎症のコントロール、

 

バランスがとれていることは大事です!

 

 

 

今日の処方箋

 

 

甘い飲み物やお菓子は控えめにする

 

良質な脂質をとる。

 

食事の半分以上をカラフルな野菜にする。

 

スパイス、ハーブをとりいれる。

 

 

 

 

LINE @ でも情報発信をしています。お友達申請お願いします!

友だち追加

ライフスタイルダイエット

発行責任者:ライフスタイルダイエット
代表 張 麗香

【 公式ブログ 】
https://lifestyle-diet.net

【 facebook 】
https://www.facebook.com/reika.chang1
(お友だち申請は、一言メッセージを添えてください)

【 メールでのお問い合わせ 】
lifestyledietnet@gmail.com