「もしかして、メタボ・・・?」そう思ったら。

「もしかして、メタボ・・・?」そう思ったら。

こんにちは!

れいかです。

 

 

 

 

「最近、お腹周りのお肉が、取れにくくなってきた・・・。

 もしかして・・・これが・・・メタボ!?」

 

あなたのお腹周りは、いかがですか?

 

 

 

 

ちなみに、日本には、

メタボリックシンドローム(メタボ)とされる方が

どのくらいいらっしゃるか、ご存知ですか?

 

 

 

40〜74歳という範囲に限っては、

 

・男性の2人に1人

・女性の5人に1人

 

が、メタボか、あるいはその傾向があると考えらえれています。

(平成18年の厚生労働省、国民健康 栄養調査によるデータ)

 

 

 

 

日本国内で見てみると、

 

・約960万人がメタボ

・約980万人がメタボ傾向

 

合計で1,940万人ほどの方が、

メタボ(あるいはメタボ傾向)にあるとされているのです。

 

 

 

 

実際に、専門家の方に「メタボですね」と言われたことがある方も、

自覚的に「自分はメタボなんじゃないか・・・」と思われている方も、

きっとその瞬間は、落ち込んだり、「どうしよう・・・」と感じたかもしれません。

 

 

それに、世間では、将来の合併症や

健康への懸念が煽られているので、不安になることもあるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

でも、大丈夫です。

 

 

 

 

 

「自分がメタボだと気づいた」ということはラッキーだからです。

 

 

 

なぜなら、私はこれまでに、メタボに気づかず放置して、

「症状が出た時にはもう手遅れ・・・」という方を、たくさん見てきました。

 

 

「手遅れ」って、どういう意味か分かりますか?(意地悪な質問ですね^^)

 

 

詳しくは書きませんが、改善を行わないと、気づかないうちに体が悲鳴をあげ、

メタボをキッカケに、そこからさらに怖い病気になってしまうんですよ・・・。

 

(メタボって、結構わかりやすい症状だと思うかもしれませんが、

 それが当たり前になって気がつかない人も、意外とたくさんいるんです!)

 

 

 

 

ただし、メタボの最大の原因は

 

・過食

・運動不足

 

の2つであるということは、今のところ間違いありません。

 

 

 

 

ですから、症状に気がついたら、

この「過食」と「運動不足」を解消する

正しい行動をとりさえすれば、必ず改善できるのです。

 

 

 

 

 

 

ここまでは、ご理解いただけますよね?

 

 

 

 

 

でも、

 

 

 

私には分かりますよ(キラリっ)

 

 

 

 

 

 

メタボの方は、

 

「正しい行動をすればいい」と分かっていても、出来ない・・・

 

だからメタボでい続けてしまうのです。

 

 

 

 

それが多くの方の現実なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし、大事なことなので、もう一度言います。

 

 

 

メタボを改善しないと、

気づかないうちにヒッソリと体が悲鳴をあげ始め、

それをキッカケに、さらに怖い病気になってしまいます。

 

 

逆に、正しい行動を起こせば、

その不安はなくなり、健康的にお仕事や、

プライベートをもっと楽しみ続けることができます。

 

(お腹が出ている人よりも、カッコイイですしね^^)

 

 

 

 

 

でも、

 

「そんなことは、わかってるんだけど・・・」

 

と、「行動したい」と「行動できない」が

ジレンマを起こすことがあるでしょう。

 

 

 

 

 

体重は減らしても、すぐに元に戻ってしまったり、

運動を始めても、なかなか習慣にできなかったり・・・

 

何から始めたら良いのか分からなくなることもあるでしょうし、

なってしまったものを治すのは、なかなか大変に感じるかもしれません。

 

 

 

 

 

しかし、メタボの結果が出たということは、体からのサインです。

 

 

 

あなたの健康や、楽しいライフスタイルを

これからも維持しようとするためのメッセージなのです。

 

 

ですから、そのメッセージを無視したりせず、

それをキッカケに改善に取り組むことが大切だと思いませんか?

 

 

 

次回のブログで実際にどんな風に運動不足や過食の習慣を

変えていくのか? 何から始めるのか?

書いていきたいと思います。